誰かが借金のカタにって思うとね

不動産の競売がどういう流れで行われるかというと、通常金融機関から融資を受ける場合は担保を差し出すわけですがこの時に土地や建物に抵当権を設定します。そして借入金の支払が滞ってしまうと抵当権が実行され競売にかけられます。つまりは借金が払えなくなってしまったのでカタとして処分されてしまう訳です。競売物件というのは市場価格よりも安価に落札できることが多いのでお得に不動産をお得に入手できることが多いわけですが、いざ自分が住むとなると「この家誰かが借金のカタにとられたんだよなあ」と思って二の足を踏む人が多いかもしれません。そういう場合は発想を変えて自分が住むのではなく他人に住んでもらってはいかがでしょう。つまり投資用の賃貸物件にしてしまうわけです。前の住人が自殺した場合などとは違い競売物件であったことは告知義務の内に入りませんので借主が知ることはありません。世の中には競売物件を専門に投資用不動産を探す人もいるくらいですので気になる方は賃貸にすることを考えてはいかがでしょう。