不動産が担保になっているから

お金を借りるには所有している不動産を担保に入れるローン、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなど担保の必要のないローンの大まかに分けて2種類があります。 後者の場合はお申込者の信用力と返済能力のもとでお金を貸付しています。 前者の場合は所有している不動産の評価額が信用力と返済能力の代わりになってくれます。 キャッシングやカードローンよりまとまった資金を借りることが出来る上に金利も低いので長期的な返済プランを立てても利息が軽減されるのがメリットです。 しかし万が一返済できなくなると担保に入れた不動産は差し押さえされ、競売にかけられて処分されてしまいます。 無計画にご利用してしまうと後で大変ですので、きちんと無理のない返済プランを立てることが大切です。 一括返済されると解約違約金を請求されるところ、請求されないところがあります。 余裕が出来たので一括返済しようとしても余計な出費がかかることがあるので事前に確認してからお申込みされたほうが良いです。