強制競売は債務のせいか

みなさんはご自身の持っている自宅に満足していますでしょうか。賃貸の方はそろそろ自分の持ち家がほしいと考えていたりはしませんでしょうか。不動産のような大きな金額の取引となるものは、簡単に購入を決めることはできません。また、住宅ローンなどを組んで長年にわたって返済を続けていかなければなりませんので、なおさらプレッシャーのかかる作業であるといえます。 もし無事に不動産の購入が済みましたら、あとはローンの返済を滞りなく進めていくだけなのですが、簡単に聞こえますがこれが実は大変です。住宅ローンは最長で35年間、月に直すと420回の返済まで設定できますので、その長い年月の間にはさまざまなことが起こります。35年間まったく変わらない平和な家庭環境が続く方はまずいないといってよいでしょう。ですから、それらの不測の事態が起こった場合にローンの返済が滞り、結果的に返済不能になってしまうケースがあるのです。 そのような場合には、残念ながら所有しているご自宅は強制競売にかけられることになるでしょう。自己破産などの手続きをした場合には、現在の債務、つまりは住宅ローンの返済義務はなくなりますが、かわりにすべての資産も失うことになります。裁判所の差し押さえにより自宅は強制競売にかけられ、最高金額で入札した方に購入権が渡り、その売買代金はのこった住宅ローンの返済に充てられることになるのです。 買う側の方にとってみると、これらの競売不動産は逆に穴場です。その時その時で選べる物件は毎回異なりますが、もし自分にとって魅力的な物件が出ていたならば、相場よりも安く買うことができる可能性があります。ですから、競売不動産を逆に狙っているかたもいるくらいなのです。 せっかく買った大事な自宅を、そのために作った債務によって売らなければならないのは非常に心苦しいものでしょう。ですが、借金を返済することは借りたものの義務ですので、将来のことをよく考えて債務を組まなければならないのです。

債務者が払えないから不動産が売られる?

新聞紙上やテレビ報道などで不動産の競売を耳にされた方も多いでしょう。不動産購入物件の対象ともなる競売物件の仕組みを見てみます。競売物件は比較的安価な物件ですが、そもそもローンなど借入行為を起こした所有者である債務者が、何らかの金銭的理由で支払えない状態になり、支払い義務を果たせないことに起因します。